「自分のことばかり…」という批判の理由

シェアする

最近は噴火活動が活発なせいか、すっきりしない桜島の景色が多いです。
体力づくりを兼ねて始めた近場の低山トレッキングも、楽しみ半減で微妙。。。
何やら、桜島をはじめとする自然界の不穏な予兆もあって心配ですね……

あえて、カミングアウト・・・

あまり公開することではないですが、ある機会に「自分のことばかり・・・」という厳しい言葉をもらいました・・。(あえて今日はカミングアウト・・・)
そのこと自体は自分の弱点だという認識はあって、真摯に受け止めたいところです…。

念のためですが、このことは何か人を騙したとか、大事な約束を反古にしたとかの話しではなく、比較的近しい関係での苦言のようなものです。

かと言って言い訳にしたいのでもなく、たぶん普段から期待に沿えていない?せいだろうなと、我ながら反省しているのです・・。

IMGP0682

「共感」と「反感」の揺り戻しを受け止めて・・・

裏返せば、それまでに一定部分は共感されているのではないかと思います。そのため、相手に高めの期待を抱かせてしまい、応えられずに一気に反感になってしまうという……

そう思うのは、自分自身も過去似たような(イタい…?)経験が何回かあるからです。
必要以上の憧れや信頼感を一方的に持っていると、何か?に気づいたとたん怒りに変わってしまうのです。

まあ、これはある程度やむを得ない面もあり、「共感⇒反感」の揺り戻しは避けられないのだろうとも思います。そう思った方が、気が楽だという意味でも・・・

一番の読者は自分…ブログで生かすために

言いたかったのは、このブログもそのような傾向が強かったのではないかということ。
実際、備忘録を兼ねて、想定読者が自分「だけ」だったりする日も多いですし・・・

しかし、最近たまたま読んだ本に、その点で少し気が楽になった部分がありました。

「超」がつく有名人でない限り、読者はあなたに関心などありません。~(中略)~ 記事に自分のためになることが書いてないか、知りたがっています。」(P173)

との部分でガツンとやられた感じでしたが、次に

「実は私がブログをするのは、自分の考えを明確にし、浮かんだ妙案をコレクションしておくためです。要は、自分のためなのです。」(P204)

ともあります。(マイケル・ハイアット著『顧客の心に火をつけろ!』ソフトバンク・クリエイティブ刊より)

意外なところで安心させられましたが、もちろん話のレベルは考えるべきでしょう・・。

まあ、とりあえずバランスの中で右往左往して行くしかないのかなと……

IMGP0683

今回の山の風景は、「県民の森」内のある展望所から。おそらく、山自体には人手が入っているのですが、その分見た目が整然とした感じも受けます。近いうちに、この近くの長尾山(ながおやま)に登ってみたいです。

シェアする