「セーフベース」と労務管理の土台

Pocket

(*この記事は、旧ブログから転載・リライトしたものです。)

 

ふと「セーフベース」ということが気になったので、本を読み返しつつまとめます・・。

労務管理の土台には…?

前回の「大前提としての労務管理」の記事中、労務管理を「土台」としてとらえるとしましたが、それを確信させられた大きな理由を少し補足します。
ただし、自分の言葉で説明をするには準備不足な感がありますので、わかりやすい天外伺朗さんの下記の本にあった内容をご紹介します。

 

運命の法則―「好運の女神」と付き合うための15章
天外 伺朗
飛鳥新社
売り上げランキング: 60934

 

本書では「セーフベース」(安全な基地)という表現になっていますが、人間は安心できる環境が無いときは「冒険」ができなくなると解説されています。前回書いた「マズローの欲求5段階説」がここでも引用されていますね・・・

例えば、赤ちゃんは母親から離されて自分が完全に安心できなくなると、既知のものにしか興味を示さなくなるとのこと…。膝の上に居る時は、盛んに新奇なものに興味を示すのにです・・。

 

人間心理と経営との関係

本書のテーマともなっているのは、人間の根本的な心理と経営との関係です…。
従来の日本企業にあった、年功序列と終身雇用が、マズローのいう「所属の欲求」を満たしたことで、愛社精神とかの従業員を活性化する条件が実現できたという指摘です。

もちろん原因の全てではないでしょうが、いちばん納得できる根拠だと感じています・・。

 

今回は短く、ある意味で強力な補足として紹介してみました。

(*2017.3.15:加筆修正)

IMGP0152

 


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村


最新100記事一覧

関連記事

Pocket